2024年7月1日月曜日

7月 サトイモ

 


病害虫防除

ハスモンヨトウ・ハダニ類

コテツフロアブル 2000倍
(収穫7日前まで2回以内)



7月 春ジャガイモ

  


収穫

茎葉が半分以上枯れたころ、土が乾燥している晴天の日に収穫します。水分が多い時に掘り取ると腐りやすいので注意し、掘り起こし後は半日程度天日で乾かしてから拾い集めます。

ジャガイモガの防除

貯蔵していた芋の表面にフンがあり中に蛾の幼虫がいた場合は、ジャガイモガの被害です。被害を防止する方法は、収穫前に薬剤で防除することと、掘り取った後産卵されないように管理することです。



・モスプラン顆粒水溶剤 2000倍
(収穫7日前まで3回以内)

7月 ピーマン

  


整枝・摘果

枝が込み合ってくると着色不良や病害虫が発生しやすくなるので枝の間引きをし、株の中に光線を入れ風通しを良くします。樹勢維持のため、奇形果や病害虫の被害果は早めに摘果をします。

病害虫防除
アブラムシ

・アルバリン顆粒水溶剤 3000倍
(収穫前日まで2回以内)
・ウララDF 2000∼4000倍
(収穫前日まで2回以内)

オオタバコガ・ハダニ類

コテツフロアブル 2000倍
(収穫前日まで2回以内)
・アファーム乳剤 2000倍
(収穫前日まで2回以内)



疫病

・ランマンフロアブル 2000倍
(収穫前日まで4回以内)

7月 ナス

  


側枝の切り返し剪定

側枝は着蕾した上の葉1枚を残して摘芯し、更に収穫と同時に下1葉を残して剪定します。



病害虫防除
褐色腐敗病

・ランマンフロアブル 2000倍
(収穫前日まで4回以内)
・プロポーズ顆粒水和剤 1000倍
(収穫前日まで4回以内)



うどんこ病・灰色かび病・すすかび病

・アフェットフロアブル 2000倍
(収穫前日まで3回以内)

オオタバコガ・ハダニ類・チャノホコリダニ・アザミウマ類

コテツフロアブル 2000倍
(収穫前日まで4回以内)



アブラムシ類・コナジラミ類・アザミウマ類・カメムシ類

・アルバリン顆粒水溶剤 2000倍
(収穫前日まで2回以内)

その他の管理

トマトトーン50倍を花に噴霧して着果を促します。



7月 トマト

 

整枝・芽かき・摘芯・摘葉・摘果

葉の付け根から出るわき芽はかぎ取り、主枝1本仕立てにします。主枝は支柱の高さになれば花房の上の葉2枚を残し摘芯します。収穫の終わった花房より下は摘葉します。1花房で3~4個の着果を目標に樹勢によって摘果します。

病害虫防除
オオタバコガ

コテツフロアブル 2000倍
(収穫前日まで3回以内)
ハダニ類にも効果あり
・アファーム乳剤 2000倍
(収穫前日まで5回以内)

疫病

・ランマンフロアブル 1000∼2000倍
(収穫前日まで4回以内)
・プロポーズ顆粒水和剤 1000~1500倍
(収穫前日まで3回以内)



その他の管理

トマトトーンを花に噴霧して着果を促します。(気温20℃以上100倍)



7月 キュウリ

 


摘葉・摘果

展開後に40日以上経過した葉を中心に摘葉します。奇形果などは小さいうちに摘果し、樹勢を維持させましょう。

病害虫防除
アブラムシ

・アルバリン顆粒水溶剤 2000~3000倍
(収穫前日まで2回以内)
・ウララDF 2000∼4000倍
(収穫前日まで2回以内)

オオタバコガ・ハダニ類

コテツフロアブル 2000倍
(収穫前日まで2回以内)
・アファーム乳剤 2000倍
(収穫前日まで2回以内)



疫病

・ランマンフロアブル 2000倍
(収穫前日まで4回以内)

7月 やさいの時間

 



Q 梅雨明けの後、気を付けることは?



A 土の水分を急激に変化させないように、また、地温が上がりすぎないように対策を!


夏野菜の梅雨明けからの管理

気象庁の3か月予報では、気温が高く、降水量も多い見込みです。梅雨期は大雨による災害が発生しやすい時期になります。昨年は、平年よりも1週間程度早く、5月下旬に梅雨入りし、7月中旬に梅雨明けしました。今年も昨年並みの梅雨入りが予想され、梅雨明け後は急激に高温・乾燥の環境となるため、生理障害が発生したり生育不良が起こることがあります。高温に対する対策や土壌水分を急激に変化させないように管理しましょう。

ポイント1 上手な潅水

晴天が続くと急激に土壌水分が失われるので、作物の様子や土壌の乾きを観察し、潅水しましょう。一度に多量に潅水するのではなく、毎日作物に必要な量を潅水します。潅水する時間帯は、早朝か気温が下がる夕方以降にしましょう。日中に水を溜めるような潅水は、昼以降の気温の上昇で水温が上がることや、過湿によって根が傷むことがあるので避けます。
作物が大きくなってからの一日あたり潅水量の目安(1株当たり)
トマト・ミニトマト・・・1~2ℓ
キュウリ・・・2.5~3ℓ
ナス・・・1.5~3ℓ
※ナスの潅水量に幅があるのは根が乾燥にも強いためで、収量を上げるには潅水量を多くします。
ピーマン・・・2~3ℓ

ポイント2 地温を上げない管理

キュウリ・トマト・ナス・ピーマンの地温の適温は20℃前後です。黒マルチを敷いている場合は、梅雨明け後は地温が高くなりすぎるので畝のマルチの上にわらなどを敷くか、白黒マルチ(上が白)を敷いて地温の上昇を防ぎましょう。
※畝間の溝にも根は伸びていますので、畝間にもわらなどを敷くと土壌の乾燥から根を守り、地温を上がりにくいため生育が安定します。



2024年6月1日土曜日

6月 タマネギ

  


収穫

5月、6月になると地上部が倒れるので、全体の8割が倒れたとき、天気のいい日を選び一斉に抜き取ります。長期保存なら、そのまま畑に並べて数日乾かし、取り込みます。保存は5球ぐらいを束ね、風通しの良い場所につるし、途中で腐った球が出たら、必ず取り除きます。

6月 スイートコーン

  


間引き

本葉が2枚になったら、弱い苗を抜きとって2本立ちにします。その後、本葉が5∼6枚になったら、2回目の間引きをして、1本立ちにします。

追肥

本葉7~8枚頃と雄花が見え始めたころの2回、1a当たり化成肥料を3kg追肥します。

水管理

潅水は株の大きさに合わせて徐々に増やしていきます。雄穂が見え始めてからは急速に成長するので、たっぷりと潅水して収穫まで土壌を乾燥させないようにします。開花期以降の乾燥は、穂の肥大不良と先端不稔の原因となるので注意します。

病害虫と害虫対策

アワノメイガとアブラムシの防除を徹底します。アワノメイガの防除適期は雄花が出てから10日後に雄花を切り取るとアワノメイガの被害が少なくなります。収穫期の鳥害対策のため、テグスなどを早めに張りましょう。
○アワノメイガの防除
・プレバソンフロアブル5 2000倍
(収穫前日まで3回以内)
・アファーム乳剤 2000倍
(収穫3日前まで2回以内)



収穫

雌花の絹糸が出てから25日前後が収穫の目安です。先端の熟度を確認後、糖度の低下を防ぐために気温の低い早朝に収穫します。収穫適期が短いので、採り遅れないように注意しましょう。

6月 エダマメ

  


潅水

生育初期はやや控えめに潅水しますが、開花が始まればやや多めにしサヤの生育を促しましょう。

病害虫防除

開花期以降にカメムシの被害に遭うと実が太らなかったり、食べたときに苦みが出たりするので適宜防除します。

○カメムシの防除
・アルバリン顆粒水溶剤 2000倍
(収穫7日前まで2回以内)
・トレボン乳剤 1000倍
(収穫14日前まで2回以内)など
収穫種まき後、早生種85∼90日、晩生種100日程度で収穫となります。収穫適期が短いので採り遅れないように注意しましょう。

<資料提供:JA全農えひめ>



6月 ナス

  


側枝の切り返し剪定

側枝は着蕾した上の葉1枚を残して摘心し、さらに収穫と同時に下1枚を残して剪定します。





追肥

追肥は、実の収穫が始まるころからします。10∼15日置きに化成肥料を1株当たり一つまみ(15g)施し、草勢が低下しないようにしましょう。

その他の管理

株元から発生してくる台木のわき芽を除去します。トマトトーン50倍を当日開花した花に噴霧して着果を促します。

6月 ピーマン


整枝・摘果

一番花の第一次分枝より下のわき芽は除去します。第二次分枝より下のわき芽は除去します。第二次分枝の4本を主枝にして斜め45度に誘引します。第二次分枝より上の枝は放任としますが、枝が込み合ってきたら枝を間引きし、株の中に光線を入れ風通しを良くします。樹勢維持のため、奇形果や病害虫の被害果は早めに摘果します。

追肥

追肥は、実の収穫が始まるころから行います。10∼15日置きに化成肥料を1株当たり一つまみ(15g)施し、草勢が低下しないようにしましょう。

アブラムシの防除

ウイルス病を保毒したアブラムシが寄生すると、樹液を吸汁する際にウイルス病にかかります。ウイルス病抵抗性品種ではないピーマンは、発病すると正常な実がつかなかったり収量が激減したりします。シルバーマルチなどでアブラムシの飛来を防いだり、定植後から定期的に防除をしましょう。

・トレボン乳剤 1000倍
(収穫前日から3回以内)
・ウララDF 2000∼4000倍
(収穫前日まで2回以内) など


  

6月トマト

  

整枝・芽かき・摘芯

葉の付け根から出るわき芽はかぎ取り、主枝1本仕立てにします。主枝は支柱の高さになれば花房の上の葉2枚を残し、摘芯します。

摘葉・摘果

収穫の終わった花房より下の葉は摘葉します。摘果は、1花房で3~4個の着果を目標に樹勢によって加減します。

収穫

開花後40~50日で成熟します。下段から順次実が赤くなるので熟したものから収穫します。

追肥

追肥は、大玉トマトで3段花房が開花頃、ミニや中段トマトは4段花房開花のとき、咲いている所の茎の太さが7mm以下であれば、化成肥料を1株当たり一つまみ(15g)施します。

その他の管理

トマトトーン(気温20℃以上100倍)を花に噴霧して着果を促します。




6月 キュウリ

  


摘葉・摘果

葉が込み合ってきたら、古い葉や病気の葉を中心に摘葉し、新葉に光が当たるようにします。奇形果などは小さいうちに摘果し、樹勢を維持させましょう。

収穫

果実が急激に太るため1日採り遅れると、株の負担が大きくなって収量が減少します。若もぎを心掛けましょう。

追肥

追肥は、10~15日置きに化成肥料を1株当たり半握り(30g)施し、草勢が低下しないようにしましょう。

6月 やさいの時間

  



Q 梅雨のとき気をつけることは?




A 水が溜まったままにならないよう、排水溝を整備!ほ場内をきれいを保って病気や害虫の発生を抑え        よう!


夏野菜の梅雨対策

6月上旬から7月中旬にかけての梅雨時期は日射量が少なく高温多湿の環境となるため、細菌やカビの菌が増え病気が発生しやすくなります。また、大雨や長雨で土中に水分の多い状態が続くと根が酸欠状態になり、根が傷んで生育不良となります。
梅雨は野菜にとっては厳しい環境です。特に、トマトやスイカなどの雨の少ない地域が原産地の野菜は日本の梅雨は苦手で、病気にかかりやすくなります。対策を怠らないようにして、梅雨を乗り切りましょう。

ポイント① 早めに排水溝の整備

大雨でも畝が冠水しないように、また、雨水が速やかにほ場外に排出されるように排水溝を整備しましょう。元々排水の悪いほ場や、水が溜まりやすいところは、高畝にすることで過湿による根痛みを軽減することができます。



ポイント② 雨の日は芽かき・葉かきをしない

雨で濡れているときに芽かきや葉かきなどをすると、そこから病原菌が入って病気が伝染します。作物が湿っていないときに作業しましょう。
また、雨でぬかるんだ状態で作業すると、踏んだ土が練ったようになり、乾くとカチカチになり作物によくありません。

ポイント③ ほ場内をきれいに

除去した葉や芽、茎、除草した雑草などを畝の上などに放置すると、病気や害虫の発生源となります。できる限りほ場内をきれいに保ちましょう。
◎梅雨時期に発生が多くなるナメクジ類は「スラゴ」で防除しましょう。「スラゴ」はナメクジ・カタツムリの被害がある全ての農作物に使用可能です。有効成分の燐酸第二鉄は天然にも存在する成分で、収穫直前まで使えます。
・スラゴの使用方法1~5g/㎡を発生場所または株元に配置

2024年5月1日水曜日

5月 エダマメ

  

間引き・追肥

葉色が薄いようであれば、間引き時に追肥します。1a当たり化成肥料を5kg程度施します。

潅水

生育初期はやや控えめにしますが、開花が始まればやや多めにし、莢の生育を促しましょう。

病害虫防除

開花期以降にカメムシの被害に遭うと実が太らなかったり、食べたときに苦みが出たりするので適宜防除します。
・アルバリン顆粒水溶剤 2000倍
(収穫7日前まで 2回以内)
・トレボン乳剤 1000倍
(収穫14日前まで 2回以内)



5月 タマネギ

  


病害虫防除

べと病や白色疫病などの病害や、アザミウマ類などの害虫の発生が多くなるので、定期的に防除を行う。4月から収穫までの防除をしっかり行うと、貯蔵中の腐敗を抑えることができます。

病害虫防除農薬

・ジマンダイセン水和剤 400∼600倍
(収穫3日前まで 5回以内)
・セイビアーフロアブル20 1500倍
(収穫前日まで 3回以内)など

害虫防除農薬

・モスピラン顆粒水溶剤 2000倍
(収穫7日前まで 3回以内)
・エルサン乳剤 1000倍
(収穫7日前まで 2回以内)

5月 ズッキーニ

 


支柱立て

カボチャの仲間ですがツルはありません。成長すると茎が倒れますので、1mほどの支柱を株の横に立て、茎を固定するか葉柄を2~3本束ねて支柱に固定します。

人工授粉(下図参照)

実を確実に太らすには、人工授粉が必要です。雄花を摘み取って花びらを除去し、受粉当日の朝に咲いた雌花の柱頭に転がすように花粉をつけます。



収穫

開花後3~8日くらいの未熟果を収穫します。収穫が遅れると草勢が衰え、つぎの果実がなりにくくなりますので、取り遅れないよう早めに収穫しましょう。

追肥

収穫の始めのころから半月に1回、追肥します。

5月 ナス

  

仕立て方

収穫期間が長いため、畝の両側に支柱を設置し針金やマイカー線を張って、主枝の角度が45度になるようひもで誘引し、V字型の樹形に仕立てましょう。
○主枝4本仕立てにします。
第1主枝・・・1番花がついている枝
第2主枝・・・第1主枝1番花の下の芽
第3主枝・・・主枝2番花の下の芽
第4主枝・・・第2主枝の1番花の下の芽



まず、両側に1本ずつ強い枝を誘引し、その後1本ずつ基部に近い2本の強い枝を伸ばし4本仕立てとします。その後は下葉や収穫節の親葉を除去します。


その他の管理

株元から発生しているわき芽を除去します。
開花前日から当日の花に、トマトトーン50倍を噴霧して着果を促します。

追肥

実の収穫が始まったら追肥を始めますが、初期の樹勢が強すぎると実がうまく太りにくいので、3番目の実が太る頃までは、肥料が効きすぎないようにしましょう。



5月 スイートコーン

 


間引き

本葉が2枚になったら、弱い苗を抜きとって2本立ちにします。その後、本葉が5~6枚になったら、2回目の間引きをして、1本立ちにします。

追肥

本葉7~8枚頃と雄花が見え始めたころの2回、1a当たり化成肥料を3kg追肥し、潅水します。

5月 ピーマン

 


整枝・摘果

一番花の所の第一次分枝より下のわき芽は晴天時に除去します。第二次分枝の4本を主枝にして斜め45度に誘引します。フラワーネットなどを水平に2~3段に張り、枝が垂れないようにする方法もあります。<下図参照>
第二次分枝より上の枝は放任としますが、枝が込み合ってくると着色不良や病害虫が発生しやすくなるので枝の間引きをし、株の中に光線を入れ風通しを良くします。樹勢維持のため、奇形果や病害虫の被害果は早めに摘果します。



5月 トマト

  


仕立て方

葉の付け根から出るわき根はかぎ取り、主枝1本仕立てにします。

追肥

初期の樹勢が強すぎると実がうまく太りにくいので、第1花房の実がピンポン玉ぐらいの大きさになった頃、樹勢が強くなければ1回目の追肥をし、以後20日毎に1a当たり化成肥料2kgを施します。潅水は、3段目の開花までは樹勢が強くならないように少なめにしましょう。

摘葉・摘果

収穫の終わった花房より下は摘葉します。摘果は、1花房で3~4個の着果を目標に樹勢によって加減します。

その他の管理

トマトトーン(気温20℃以下は50倍、20℃を超えたら100倍を)一花房で3~4花位開花した時期に花に噴霧して着果を促します。



5月 キュウリ

  


支柱立てネット張りと整枝

早めに支柱を立てキュウリネットを張って誘引の準備をします。下から5節までの子づるは早めに除去します。6節目からの子づるは2枚の葉を残して先は摘芯します。下段から発生する孫づるは地面につかないように葉を1~2枚残して摘芯。親づるの摘芯はネットの高さで行います。

中段以上の孫づるは放任し、隣の株と重なるようなら適宜摘芯します。力強い成長点の孫づるを2~3本程度残し上に誘引して株の勢いを保つようにします。

摘葉・摘果

葉が過繁茂になり果実に光線が当たらない場合は、古葉を中心に摘葉します。奇形果などは小さいうちに摘果し、樹勢を維持させましょう。

追肥と潅水

活着後は潅水をやや控えて根をできるだけ深く張らせましょう。雌花が開花するころから潅水量を増やして、果実肥大や側枝の発生を促します。追肥は、定植15日後くらいから、15~20日置きに化成肥料を1a当たり2kg施します。


5月やさいの時間

 



Q 整枝や誘引作業で大切なことは?



A 野菜の種類によって性質が異なるため、いつ頃どのように行うか理解しておくこと


基本的な事

トマト・ナス

初期の樹勢が強いと、実がうまく太りにくい。その為、トマトは3段目の開花頃まで、ナスは3番目の実が太るまでは、肥料が効きすぎないようにしましょう。また、最初の花からトマトトーンを噴霧して、確実に実を太らせましょう。

キュウリ・ピーマン

初期から樹勢が強いほうが良い実がとれます。樹勢を保つために定期的な追肥や潅水作業が大切です。また、キュウリの誘引作業は遅れないようにしましょう。

芽かぎや葉かぎをすると、野菜にとってはショックがあります。植付けて順調に生育し、ある程度わき芽が伸びるまでは芽かぎや葉かぎをしないようにしましょう。


このページの先頭へ