2017年6月1日木曜日

6月 トマト


潅水


 排水対策を万全にし、土壌の水分状態を確認します。畝の深層部まで根を張らせるため、活着後は、生長点や茎、葉をしおれさせないよう管理します。
 潅水量は、2段開花頃まではやや少なめにします。その後は、天候や草勢を見ながら徐々に増やします。3段開花頃から自動潅水に切り替えます。
 梅雨期でも、土壌水分や生育を見ながら、潅水量を調節します。

温度管理


 ハウス内の温度は、日中23~28℃に、夜間は12~15℃を目安に管理します。日中は高温多湿にならないよう、ハウスの側面や裾を開けて換気します。気温が下がる夕方までにハウスのビニールを閉め、夜間の地温低下や極端な土壌水分の変化を防ぎます。

追肥


 2段花房が3~4個開花したら潅水量を増やし、草勢を見て追肥します。
 3段花房が開花する頃から本格的に追肥を始めます。草勢のバランスを崩さないよう、生育を見ながら施します。多量に追肥せず、少量ずつ数回に分けます。

摘果


 果実がゴルフボール大になった頃に摘果し、草勢を維持します。着果数の目安は、1~2段花房は3個、3段花房以降は4個です。

受粉処理


 果実を確実に着果させるため、トマトトーンを100~200倍に薄め、少量ずつ噴きかけます。2度がけをせず、気温が上がるにつれ濃度を薄めます。

病害虫防除


 病気を予防し、害虫の早期発見に努め、「久万高原トマト防除暦」を守ります。防除器具はこまめに点検してから使います。防除後は、ホース内の残液などにも注意して洗浄します。

記帳管理


 管理日誌や防除日誌に日々の作業や防除内容などを記入します。

6月 ピーマン


定植


 育苗後期は肥料切れを起こさないよう追肥し、勢いのある苗に仕上げます。また、苗を外気温に慣らすため、育苗ハウスの換気に努めます。
 定植前に、植穴へオリゼメート粒剤を一株当たり5㌘施します。1番花が開花直前で、根が白く、生育が揃った苗を定植します。
 定植する苗は、セルトレイ苗に十分潅水してから丁寧に抜き取ります。
 活着を促すため、晴れた日の午前中に定植します。

定植後の管理


 鉢土と作土が落ち着く程度に潅水します。その後、支柱を立てて誘引します。
 早めに誘引ネットを準備し、草勢維持に努めます。
 第1花は、摘花します。 
 腰まきビニールなどを設置し、保湿と防風対策に努めます。

梅雨期対策


 根は過湿に弱く、雨水などが停滞すると根腐れを起こすため、排水対策を万全にしておきます。

追肥


 樹勢を見ながら、肥料切れを起こさないよう追肥を始めます。

病害虫防除


 圃場の周辺を除草します。「久万高原ピーマン病害虫防除計画」に沿って定期的に防除し、日誌に正確に記入します。

6月 スイートコーン


☆赤字で表示されている農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

病害虫防除

アワノメイガ(10㌃当たり)

デナポン粒剤5   4~6㌔(収穫21日前まで2回以内)

雄穂抽出期から雌穂抽出期に、株の上から葉の間に均一に散布します。

アワノメイガ・アブラムシ類

プレバソンフロアブル5   2,000倍(収穫前日まで3回以内)
       +
アドマイヤーフロアブル   4,000倍(収穫14日前まで2回以内)

収穫適期


 雌穂の絹糸が出てから25日前後が目安です。絹糸が包葉の先まで褐変し、先端を見て子実もしくは粒の色が、乳白色から乳黄色に変わった頃が適期です。絹糸が黒褐色にならないうちに収穫します。

このページの先頭へ