2016年12月1日木曜日

12月 春キャベツ



☆赤字で表示されている農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

潅水


 外葉を太らせる重要な時期に入るため、定期的に防除し、適期に追肥します。また、土壌が乾燥する場合は、暖かい日の午前中に畝間潅水します。

追肥(10㌃当たり)


 定植後10~15日後、株元に農協専用化成500を20㌔施します。

病害虫防除

コナガ・アオムシ・アブラムシ類

モスピラン顆粒水溶剤   2,000倍(収穫7日前まで4回以内)

べと病

ダコニール1000   1,000倍(収穫14日前まで2回以内)

12月 裸麦


排水対策


 湿害に弱いため、降雨後の排水の良し悪しが生育や収量、品質に大きく影響します。
 平畝の肩の部分が高くならないよう圃場内に3㍍間隔と圃場周囲に排水溝を設け、必ず圃場の外まで排水路を通します。

土入れ


 土壌が乾燥している時にカルチベーターなどの管理機を使って、溝を作ると同時に土入れします。
 根もとの乾燥を防ぎ、茎数を調整するため、3~4葉期に、乾土を1㌢ほど均一に入れます。
 2月下旬から3月上旬の茎立ち期に、乾土を3~4㌢入れることで除草効果や倒伏の防止、無効分けつの抑制、追肥の効果向上につながります。

麦ふみ


 麦ふみは、根の浮き上がりや根もとの乾燥を防ぎ、根を深く張らせ、分けつを促す効果があります。また、早播きや密植、暖冬による徒長や過繁茂を防ぐ効果もあります。
 1月上中旬から3月初めの茎立ち期までに、15~20日の間隔を空けて、2、3回麦ふみをします。
 以下のことに注意しましょう。
 土入れ前に麦ふみをすると、傷ついた茎葉に覆土することになるため、生育障害が起こります。そのため、必ず土入れ後に行います。
 また、過湿時は、土壌の団粒や茎葉の損傷につながるため、必ず乾燥時に麦ふみをします

12月 柑きつ


☆赤字で表示されている農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

普通温州みかんの収穫


 収穫が遅れると浮き皮が多く発生するため、着色の進んだ外成りの果実から分割採収します。

伊予柑の収穫前防除

腐敗防止

左記の二剤を混用して使います。

トップジンM水和剤   2,000倍~3,000倍
                 (柑きつ・みかんともに収穫前日まで5回以内)
      +

ベフラン液剤25   2,000倍
     (みかんは収穫前日3回以内、柑きつ〈みかん除く〉は収穫前日2回以内)

ヘタ落ち防止

マデックEW   2,000倍
        (6割以上着色で散布・収穫開始予定日から10日以上あけて散布)

早生伊予柑の収穫


 収獲が遅いほど着色が進み、糖度が高くクエン酸は低くなります。12月中旬に、果皮障害が発生しやすい園から収穫を始め、7~8割以上着色した果実を分割採収します。

早生伊予柑の貯蔵

①入庫は坪0.8~1㌧(65ケース)とし、壁際から20㌢離して、キャリーの間隔
 は15㌢あけます。

②床面にリン木などを敷いて隙間を作り、空気が循環できるようにします。

③分割採収した果実は、区別して入庫します。分割採収していない場合は、着色の程度
 を赤・中・青に分けて選別し、貯蔵します。

④出荷する時期によって追熟予措の程度を調整します。
 1月出荷
   追熟予措温度14~15℃で15日ほど。減量3%。予措後は6~9℃で貯蔵し
   ます。
 2月出荷
   追熟予措温度12~13℃で15日ほど。減量3%。予措後は6~7℃で貯蔵し
   ます。
 3月出荷
   自然温度10~11℃で20日ほど。減量3%。予措後は6~7℃で貯蔵しま
   す。

⑤庫内や果実に水滴がつかないよう、一日一回は換気し、日中の暖かい時は戸や窓を開
 けます。

マシン油乳剤の散布


 収穫後10日くらい経ち樹勢が回復したら、マシン油乳剤45倍を散布します。

このページの先頭へ