2022年10月1日土曜日

10月 おこめ

 

 刈取り時期は例年より早い予想!


今年は梅雨明けが例年より早く、気温も高く推移しています。出穂時期は、極早生品種

(あきたこまち・コシヒカリなど)が平年より早く、肥料抜けが良い所はかなり早くなって

います。また、出穂以降も気温の高い傾向は続くと思われますので、どの品種も例年より早

い時期での刈取りとなる予想です。

 刈り遅れにならないように早めに準備を行い、適期に収穫しましょう。

水管理

 落水が早いと登熟不良になるため、土壌水分を80%に保ち、刈取り3日前を目安に落水し

ます。また、台風が来るときは深水にしておきます。

収穫

 刈り遅れると品質が低下するため、天候や面積を考慮しながら収穫を始め、収穫適期内に

終わらせましょう。

 「あきたこまち」や「コシヒカリ」は出穂から30〜32日経ったころで、株の中で一番草丈

の長い穂が80%程度黄化したら刈取ります。

 「にこまる」は出穂から42〜48日経った頃で、株の中で一番草丈の長い穂が85%程度黄

化したら刈取ります。

※出穂:穂が圃場の半分ぐらい出た日

 刈取り適期の期間は「コシヒカリ」6〜7日間、「あきたこまち」7〜9日間、「ヒノヒ

カリ」「にこまる」9〜11日間です。刈り遅れると「胴割れ米」が発生したり、光沢が悪く

「茶米」が多くなるなど品質が低下します。

乾燥・調整

 収穫した生籾は、すぐに乾燥を開始しましょう。高水分のまま長時間放置すると、「茶

米」や「ムレ米」が発生したりするので注意してください。高温での急激な乾燥を避け、乾

燥速度は1時間当たり0.6%の乾燥率となるよう火力を調整して仕上げ、玄米水分14.5%を

目標に乾燥します。

 高水分米の急激な乾燥や過乾燥は、胴割れや食味低下の要因となります。




10月 カブ



 冷涼な気候を好みます。耐暑性は弱く、高温では根の肥大は悪くなり、病気が出やすくなり

ます。低温にあうと花芽が作られ、春になるとトウ立ちします。大カブでは比較的早く、小

カブでは遅い傾向にあります。

堆肥を施す場合は播種の1か月前までに行い、化成肥料などの基肥も播種の2週間ほど前ま

でに施し、土となじませておきます。

 連作すると根こぶ病などが発生しやすくなるので、輪作をして完熟堆肥などによる土づく

りを行いましょう。有機質に富んだ、通気性や排水性、保水性がよい土壌が適しています。

播種

 畝幅100〜120㎝ 、株間14㎝、4条まき、深さ1㎝の播き溝を20㎝間隔で作り、1〜2㎝

間隔で種を播き薄く土をかけます。



間引き

 間引きが遅れると茎葉の生育が優先して玉の肥大が遅れます。生育の後半には肥大が急速

に進むため、本葉5〜6枚目ごろには、最終の株間に間引きます。

最終の株間

・小カブ……10〜15㎝

・中カブ……20㎝

・大カブ……30〜40㎝

10月 ダイコン

 

 冷涼な気候を好み、耐寒性がありますが、低温にあうと花芽が作られ、根の肥大が停止し、春になるとトウ立ちしますが、花芽ができる低温量(低温の度合いと遭遇期間)は品種により異なります。

 根が深く張るので、有機質を含んだ通気性と排水性、保水性に優れた土が栽培に適しますが、未熟な堆肥を施すと又根やひげ根になりやすいので注意しましょう。

 十分な耕土が得られるように深く耕し、排水が悪いところでは高畝とします。作土が浅いと根が十分肥大しなかったり岐根になったりします。

 基肥は播種の2週間ほど前までに施し、土になじませておきます。

播種

 畝幅60㎝1条で、株間25〜30㎝を基準とし、3〜4粒を点播きします。覆土は1〜1.5㎝

とします。


間引き

 間引きが遅れると軟弱徒長するので、遅れないようにしましょう。葉の不整形なものや葉

色の淡いものや濃いもの、病害虫に侵されているものを中心に間引きしましょう。本葉6〜

7枚ごろには1本にします。

追肥・土寄せ

 本葉5〜6枚までに畝の肩に追肥して軽く土寄せします。

 

 

このページの先頭へ