2020年7月1日水曜日

7月 久万高原野菜 ピーマン

草勢維持

枝の垂れ下がりを防ぐため、株元から30〜40㌢の高さに1段ネットを張ります。2段ネットは1段目から30㌢ほど上部に張り、草勢に合わせて3段ネットを検討しましょう。

せん定

茎葉が茂ると日照不足や風通しが悪くなり、落葉や腐敗果、病害虫の発生の原因になります。徒長枝は間引いて、せん定します。

病害虫防除

生育最盛期は高温多湿です。病害虫の発生が予想されるため、防除基準に沿って管理します。

防風雨対策

①排水溝の整備(水はけを良くする)
②杭の補強
③整枝ネットの点検
④防風網の設置

7月 久万高原清流米

☆赤文字の農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

中干し後〜出穂期頃の管理

中干し後は、浅水潅水状態を保ち、時々水を入れ替え、根の活力を維持しましょう。
 穂ばらみ期か出穂期は、土壌の乾燥や潅水状態が続くと根が傷むため、間断潅水をし、程よい水分状態を保ちながら、地温を下げるようにします。

病害虫防除(10㌃当たり)

出穂期以降はカメムシの発生が予想されます。
 液剤散布(共同防除)では7月末頃にダブルカットスタークルフロアブルで防除を行います。
 粒剤防除の場合は、7月上旬にパダンオリゼメート粒剤を3〜4㌔、2回目の防除を必ず出穂期の7〜10日後にスタークル粒剤を3㌔施用します。また、畦の草刈りを行い、病害虫の住処を減らしましょう。

穂肥

品種の生育具合に応じて、ユーキくん穂肥を施用します。施用する量は葉色をみながら調整します。葉色値が高い場合は施用量を減らしましょう。
出穂20日前
 コシヒカリ……………最大15㌔
出穂25日前
 あきたこまち…………最大19㌔
 キヌヒカリ……………最大19㌔

7月 久万高原野菜 トマト

潅水・温度管理

天候に応じて潅水と温度管理をします。
 草姿のバランスを整えながら、果実の肥大を促すため、1日当たりの潅水量と回数を調整し、定期的に潅水します。また、裂果の原因になるため、土壌の乾湿に注意し排水対策を万全にします。
 ハウス内の気温が25℃以上または、最低夜温が15℃以上になれば、昼夜ともサイドビニールを開けて換気します。

収穫

選果の基準を守り、適期に収穫します。

病害虫防除

灰色カビ病の原因となる枯れ葉や花弁の残りカスは、こまめに除去します。

防風対策

台風や強風に備え、防風ネットを確認します。

このページの先頭へ