2016年8月1日月曜日

8月 ピーマン


草勢維持


 果実の着果や肥大による負担を減らすため、適期に潅水し、ガイピープロ800倍を7~10日ごとに葉面散布します。

病害虫防除

軟腐病

ドイツボルドーA800倍を定期的に散布します。

収穫


 取り遅れがないよう、L・2L果を中心に適期に収穫します。

防風・排水対策


 事前に防風ネットを張り、排水溝を点検します。台風通過後は、防除およびガイピープロ800倍を7~10日おきに葉面散布し、早期の樹勢回復に努めます。

8月 久万高原清流米


水管理


 幼穂形成期から穂ばらみ期、出穂期にかけて、最も水を必要とする時期です。湛水状態を保ち、時々水を入れ替えます。
 出穂期以降は、土壌の乾燥や湛水状態が続くと根が傷むため、湿潤気味に間断潅水し、地温を下げるようにします。

病害虫防除(10㌃当たり)


 出穂期以降はカメムシの発生が予想されるため、個人防除の場合は、必ず出穂期の7~10日後にスタークル粒剤を3㌔施します。

収穫


 圃場の条件によって異なりますが、一般的には中干しが十分にできている圃場は、早期に落水すると充実度が下がり、品質と等級の低下につながります。刈り取りの適期は、出穂期40~50日頃で、1株最長稈の黄変率が80~85㌫です。
 早刈りや刈り遅れは品質が低下するため、適期を見極めましょう。

8月 トマト


草勢維持


 気象変化や果実の着果、肥大などによる負担を減らします。適期にわき芽や下葉を取り除き、つり下げ誘引などをします。また、10~14日おきに液肥のガイピープロ800~1,000倍を葉面散布し、草勢維持に努めます。

収穫


 選果の基準を守り、適期に収穫します。

潅水・温度管理


 気象変化に合わせて潅水と温度管理をします。潅水量は、畝の水分状態を見て調整します。目安は1株当たり2㍑です。また、高温障害を防ぐため、ハウスのサイドビニールを開け、十分に換気します。

台風対策


 防風ネットを張り、排水溝を確認します。風雨前後に、ハウス内を換気し、水分調整や病害対策、草姿を維持します。

このページの先頭へ