2019年1月1日火曜日

1月 春キャベツ


追肥(10㌃当たり)

結球始めにNK化成E989を両肩口に40㌔施します。

潅水

結球開始期に土壌を乾燥させると小玉傾向になりやすいため、晴天が続く場合は、暖かい日の午前中に潅水します。

病害虫防除

・アブラムシ類・ヨトウムシ・アオムシ・コナガ

アディオン乳剤   2000倍 (収穫3日前まで4回以内)

・株腐病・菌核病

セイビアーフロアブル20   1000倍 (収穫3日前まで3回以内)

1月 柑きつ



伊予柑の貯蔵

①坪当たり0.8〜1㌧(65ケース)を目安に入庫します。
②結露しないように、気温の高い日中に換気します。
③トイレファンなどで庫内の空気を循環します。
④庫内に温湿計を設置し、高温多湿にならないように管理します。

液肥の散布

樹勢回復のため、尿素またはあざやかを400倍に薄め、暖かい日に散布します。

寒害対策

風が当たりやすい園地は、寒冷紗などで被覆します。
 乾燥が続く場合は、落葉を防ぐため、30㍉程度潅水します。

苦土石灰の施用(10㌃当たり)

土壌酸度を矯正するため、2月上旬までに苦土石灰を100㌔施します。

マシン油乳剤の散布

収穫後に樹勢が回復したら、カイガラムシ類対策として、晴天が2、3日続く暖かい日に、マシン油乳剤を45倍に薄め、散布します。

1月 レタス



☆赤文字の農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。
 

品種

2 月下旬までに春採りの品種『バークレー』を播種します。トンネル管理
厳寒期に栽培する品種『レイヤード』は、玉太り促進と品質向上のため、収穫10〜14日前(ソフトボール大になった頃)に、パスライトをベタ掛けします。

潅水

結球開始期に土壌の乾燥が続くと小玉傾向になるため、暖かい日の午前中に畝間潅水します。
除草(10㌃当たり)
バスタ液剤300〜500㍉㍑を水100〜150㍑に溶かし、畝間処理します。
(収穫30日前まで2回以内)

病害虫防除

・灰色かび病・菌核病

スミブレンド水和剤 1500倍 (収穫7日前まで5回以内)
アフェットフロアブル 2000倍 (収穫前日まで3回以内)

・ハモグリバエ類・ナメクジ類

パダンSG水溶剤  1500倍 (収穫14日前まで3回以内)
リーフガード顆粒水和剤 1500倍 (収穫7日前まで2回以内)

このページの先頭へ