2017年2月1日水曜日

2月 キウイフルーツ


せん定


 2月に入ると根が吸水活動を始めます。せん定が遅れると、切り口から樹液があふれ出て、樹勢が弱まります。発芽が不揃いになるため、早急にせん定を終らせます。

2月 柑きつ


伊予柑の貯蔵管理


 庫内の温度が上がりすぎないよう注意します。日中、暖かい時は必ず換気し、庫内温度を6~9℃、湿度を80~85㌫に保ちます。

土作り(10㌃当たり)


 細根を増やすため、堆肥を2㌧施します。

苦土石灰の施用


 酸性土壌の園地は、土壌の保肥力の維持と向上のため、春肥を施す20日前までに苦土石灰80㌔を施し終えます。

密植園の縮伐・間伐


 園内作業道の設置と同時に、独立樹冠になるよう縮伐や間伐をします。

2月 モモ


園内の清掃


 病害虫の越冬を防ぐため、せん定枝や落葉などは園内や周辺に放置せず、土中に埋めるか焼却します。

発芽前の病害虫防除


 花の桃色が見え始める3月上旬頃までに散布します。

縮葉病

石灰硫黄合剤   7倍(使用回数に制限なし)

このページの先頭へ