2017年9月1日金曜日

9月 レタス


品種と播種期

マイヤー   8月15日~9月5日
ミッション   9月5日~15日
スターレイ   9月10~30日
レイヤード(1月採り)   9月25日~10月10日

育苗管理

播種


 一斉に発芽するよう、夕方に播種します。発芽までは、種が乾燥しないように潅水します。
 200穴または220穴のセルトレイを準備します。培土は与作N-150またはタキイ長期肥効培土を使います。
 必要資材は下記の通りです。


 一穴に一粒ずつ種を播き、セルトレイを10段積みにします。上段を新聞紙で覆った後、新聞紙が湿る程度に散水します。
 コートが割れたら、白の寒冷紗をかけてトンネル管理します。
 本葉が出始める頃に、セルトレイを地面から浮かせます。徒長防止のため、夕方の潅水は控えます。

定植

定植前日

ジュリボフロアブル   200倍(セルトレイ1当たり0.5 ㍑潅注・1回以内)

 栽植密度は、畝幅150㌢、株間30㌢、条間30㌢とし、本葉2.5~3枚の若苗を浅植えします。
 9~10月採りは、白黒マルチを使います。

露地栽培の基肥(10㌃当たり)

完熟堆肥   2,000㌔
粒状苦土石灰   120㌔
レタス肥料602   100㌔

 基肥を施した後は、畝を立てて整地します。
 定植時に、腐敗病や斑点細菌病対策としてオリゼメート粒剤を9㌔と、ネキリムシ対策としてフォース粒剤9㌔を土壌混和します。

病害虫防除

ハスモンヨトウ・オオタバコガ

アファーム乳剤   1,000~2,000倍(収穫3日前まで3回以内)

 育苗時及び定植後もフェロモントラップを設置します。

9月 柑きつ


☆赤字で表示されている農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

仕上げ摘果

温州みかん

着果が良好な樹は、小玉果や傷果、大玉果を中心に摘果し、玉揃いを良くします。
不作の樹は、果皮の粗い大玉になるため、生育不良の果実も結果させておき、収穫前に樹上選果をして、秀品率を高めます。

伊予柑

果実が肥大すると摘果を控えがちですが、後期に肥大させるため、小玉果や腰高果、軸の太い直立果を摘果します。

土壌管理

温州みかん

土壌を乾燥させると、品質が良くなるため、水分が蒸散するよう土壌を裸地化し、雨水が園外に排出するよう溝切りをします。

伊予柑

土壌が乾燥する場合は、後期の肥大と減酸を促すため、1回につき10㌃当たり15~20㍉を潅水します。

台風対策


 幼木や高接樹は、株元の揺れや枝折れを防ぐため、支柱を立て誘引します。

病害虫防除

 収穫前日数に注意し散布します。

黒点病

ジマンダイセン水和剤   600倍
    (柑きつ収穫90日前まで4回以内、温州みかん収穫30日前まで4回以内)

ミカンハダニ・ミカンサビダニ

スターマイトプラスフロアブル   1,000倍(柑きつ収穫7日前まで1回以内)

応急

かいよう病

台風接近前に散布します。

コサイド3000   2,000倍
      +
クレフノン   200倍

カメムシ類(応急)

ロディー乳剤   2,000倍(柑きつ収穫7日前まで4回以内)

9月 タマネギ


☆赤字で表示されている農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

冬採りの作型


床苗


 播種する30日前までに、1平方㍍当たり堆肥2㌔と粒状苦土石灰120㌘、農協専用化成500を100㌘施します。耕起と砕土した後は、畝幅120㌢の苗床を作り、土壌消毒をします。

土壌消毒

≪バスアミド微粒剤の場合≫
 バスアミド微粒剤を1平方㍍当たり20~40㌘散布します。レーキ等で浅く混和し、潅水した後、ビニールで被覆します。10日後に被覆を除去し、レーキ等で浅く整地し、ガス抜きをします。

≪NCSの場合≫
 NCSを30倍に薄めて散布し、ビニールで被覆します。7~10日後に、1回目のガス抜きをします。その後、2、3回ガス抜きし、無臭になってから平らにならします。

播種(10㌃当たり)


 200㍉㍑をすじ播きします。
 播種後は、完熟堆肥と無病の土を1対1で配合し、篩にかけながら5~6㍉の厚さになるよう覆土します。
 潅水後は、種の見えるところは再び覆土し、乾燥を防ぐために苗床をラブシート等で覆います。

育苗管理


 発芽までたっぷり潅水し、発芽後は乾燥させないよう潅水します。 1週間ほどで発芽が揃うため、徒長しないよう、夕方にラブシート等を取り除きます。

このページの先頭へ